カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
新型コロナウイルスの影響に伴う
オンラインショップの対応について
written by 篠塚将行(それでも世界が続くなら)
「君の嫌いな世界」文集
1,800円(税込1,980円)
購入数

「君の嫌いな世界」文集
1,800円(税込1,980円)

「君の嫌いな世界」〜篠塚将行の147の言葉〜
「君の嫌いな世界」〜篠塚将行の147の言葉〜 美しいメロディと歌詞を伴い、社会的なタブーすら厭わないダウナーで哲学的な音楽性が一部の人々に絶大なる影響を与えてきたバンド「それでも世界が続くなら」。 そのバンドで作詞作曲を担当し、ボーカル&ギターをつとめる篠塚将行がこれまでTwitterに残してきた、ファンや知人に直接言いたくても言えなかった言葉を、本人による加筆修正を加え再編集した文集「君の嫌いな世界」。 LUCKANDオーナー加藤と、篠原氏の関係性から本書の発行に至った。
本書の出版を記念して、原宿LUCKAND-Gallery Cafe&Bar-にて1週間のポップアップが開催され、本書の販売会と会期最終日には篠塚将行によるアコースティックライブが敢行された。

※写真のブックカバーは別売りとなります
ブックカバーの購入はこちら


商品について


サイズ:A6/180ページ
著者:篠塚将行(それでも世界が続くなら)
発行元:LUCKAND
発行人:加藤晴久

プロフィール


【篠塚将行】
千葉県出身の作詞家・作曲家・文筆家・哲学家。好きなバンドは、NIRVANA、Sigur Ros、eastern youth、bloodthirsty butchers。2013年、自身が結成したパンクバンド ”それでも世界が続くなら”でメジャーデビュー。自身のいじめや不登校等の実体験を基にした、リアルで嘘のない言葉と、社会の矛盾や逆説(パラドックス)を独自解釈する弱者哲学と深遠な音表現で、デビューアルバムが自主制作としては異例の、タワーレコードチャート1位を獲得。以降、VIVA LA ROCK、ARABAKI ROCK FEST.、Redio Crazy等に出演。バンド活動と並行し、個人での執筆活動の他に、総合音楽プロデューサー、レコーディングエンジニア、映画音楽の製作等に参加する等の活動も行っている。また、「上にも下にもならず、リスナーとして、同じ人間として、隣で君と話したい」という信念の元、メジャーデビューから現在でもライブハウスのアルバイトを続けている。

この商品を購入する